ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?
レポ・MC
[コンサートTOP] [全情報] [日程] [チケットFC] [チケット一般販売] [グッズ] [写真] [セットリスト] [レポ・MC] [札幌] [東京11月] [大阪] [名古屋] [東京12月] [福岡] [アルバム] [ライブDVD]
札幌 [11/11 レポ] [11/12 レポ] [11/13 レポ]
[PR]

『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?』札幌詳細レポ (2016年11月11日〜13日)


『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?』の演出・セットリスト・衣装、ムービングステージ・フロート・トロッコの導線、タワー(リフター)の位置などを11月12日と13日の札幌公演の状況をレポートします。曲名をクリックすると、収録CDやDVD、歌詞の情報が表示されます。

ステージ構成は、正面にメインステージが作られ、バックステージは実際にステージがあるわけではなく、メインの部分からムービングステージが移動して来ます。メインステージは、上段、中段、下段(ステージ)に分かれています。中央と左右に花道がせり出しています。

以下のレポートでは、右側・左側という記述しますが、客席から見て左側(下手、3塁側)、右側(上手・1塁側)という意味です。

【オープニング映像】
オープニング映像は約5分間で、楽屋やリハーサル風景を盛り込んだものです。
松本「 特別な空間だし、自分達にとって夢のような空間」
大野「 ま、ずっとやっててあんま変わんないけど」
相葉「 えっ、ちょっとカッコつけすぎじゃない」
会場「(笑)」

特効の演出。メインステージにせり上がって登場。 衣装は、上着がスパンコールで、 櫻井:赤(上着)/紺(パンツ)、 二宮:紫/こげ茶、 松本:緑/黒、 相葉:黒/茶、 大野:金色/エンジ

会場が暗転して、メインステージに横一列、メンバの立ち位置は、左から 松本二宮大野櫻井相葉の順です。 演出のペンライトは、白で点滅で幾何学模様を表現。今回から各座席ごとに色が制御できるようになり、会場に幾何学模様や文字を流れるように表現できるようになったみたいです。

音の演出。ムービングステージでメインステージからセンターステージ、バックステージへ移動。

曲が始まる前に、 松本相葉大野櫻井二宮の順に会場に「Are You Happy?」と聞きます。 13日の公演では大野君が「Are You hungry?」に変えました。 歌唱しながらバックステージからフロートに移動。この間、Jr.6人が中央花道で黄色い衣装でダンス。フロートは、 「松本二宮」と 「相葉大野櫻井」に分かれる。

フロートの 「松本二宮」はメインステージの左側に向かって、 「相葉大野櫻井」は右側に向かって移動。 曲が始まる前に上着を脱ぎます。 下に着ていた衣装は、 松本:紫のベスト、 二宮:水色のベスト、 相葉:赤のシャツで黒のリボンタイ、 大野:濃紺のシャツで黒の下地に花模様のスカーフ、 櫻井:黒のベスト です。

【挨拶】
挨拶は順に 松本二宮相葉大野櫻井。 松本君が挨拶に入るとこの間に櫻井君は次のソロ曲のためにすぐに着替えます。櫻井君の挨拶の衣装はグレイで赤ストライプ柄のスーツです。ネクタイは黒地に赤の斜めのストライプ柄です。

6.Sunshine 櫻井翔ソロ
メインステージにプロジェクションマッピングで櫻井の家が映し出される。歌いだしはメインで、バックのJr.が4名、曲の途中から花道でセンターステージに移動、花道を歩くときにJr.が8名に増える。

この曲は各メンバのRapが見どころ。登場もメンバのラップの順で、大野君、二宮君、相葉君、松本君です。立ち位置は、櫻井君がセンターステージのままで、他のメンバはメインステージに登場し、大野君がメイン左、二宮君がメイン右、相葉君と松本君はメイン中央。曲の最後のほうが映像と音だけになり、メンバは次の曲のためにはけます。

メインステージの右側からスカイブルーのオープンカーに仕立てたフロートが登場します。 運転席が松本、 助手席が櫻井、 後部座席が 二宮相葉大野の3人です。 オープンカーがバックステージまでくると花火が打ちあがります。 歌詞『季節外れの打ち上げ花火祝福してる』を歌っているときに本物の花火がうち上がります。その後、メインステージの左側に向かって移動していきます。 オープンカーが周っている間、スタンド席のペンライトが制御されて、スタンドが街並み(ビル街)に変わります。とても綺麗です。
衣装は、モザイク柄で色々な色が入っていますが、ざっくりした色味では、 松本:紫のコート・黄シャツ、 櫻井:オレンジでジャンパー、 二宮:緑のジャンパー、 相葉:赤と黄でコート、 大野:灰色のジャケット・オレンジのネクタイ です。

オープンカーがバックステージからメインステージの左側に向かって移動しはじめるときに「Step and Go」になります。オープンカーからメンバが降りてメインステージに移りますが、メンバはステージの左側に滞留して、その場所でダンスをします。

会場が暗転。メンバは黒いサングラスをかけて登場。メインステージの左側から中央まで歩き、中央の花道を歩いてセンターステージまで移動します。センターステージがせり上がります。この曲では、センターステージの周りでJr.総勢20名が踊ります。

【ミニMC】
センターステージで、
櫻井「 イェーイ!イェーイ!イェーイ!盛り上がってますか? 」
MCが始まるが、大野君は次のソロ曲のためにすでにはけています。メンバ4人が花道を歩きながらメインステージに移動する。
櫻井「 あれ!? 」
二宮「 どうした、翔! 」
櫻井「 和!何かおかしいぞ 」
松本「 翔!どーした 」
櫻井「 大野がいない! 」
メンバ「 Oh-No- 」(大野君に掛けて)
会場暗転。

11.Bad boy 大野智ソロ
シャワーの映像シーンから始まる(会場「ギャー!」)。 メインステージに光沢のあるダークパープル(濃紺かも)で赤で縁取りされている上着と赤いラインが入っているパンツで登場。この衣装は次曲以降のメンバも着る衣装。 大野君のダンスはキレキレで素晴らしいが、スクリーンに写される映像が大野君の変顔などコミカルなものが多いためそちらに目が行きますが、実物の大野君のダンスは必見です。 Jr.も6名×2で、ペンライトは青の点滅。

アルバムの通常盤だけに収録されている曲です。 メインステージで大野君の振り付けのダンスを披露。 衣装の色味は光沢のあるダークパープルでメンバ同じ。ジャケットの形が、相葉君と櫻井君は丈が長い燕尾服風、大野君、松本君、二宮君は普通の丈のタキシード風。

メインステージから花道を歩いてセンターステージに移動。 センター花道には12本のライトが立ち、移動するときに中間あたりでダンス。ペンライトは薄い黄色に制御。

センターステージからトロッコを使って分散しながらバックステージに向かって移動。メンバの移動は、 相葉:トロッコでセンターから左側の外周まで移動し外周をバックステージまで移動、 松本:トロッコでセンターから右側の外周まで移動し外周をバックステージまで移動、 二宮:トロッコでセンターから左側のアリーナの中央付近の通路をバックステージまで移動、 大野:トロッコでセンターから右側のアリーナの中央付近の通路をバックステージまで移動、 櫻井:トロッコでセンターからバックステージまで直線で移動します。

バックステージに集合したメンバがムービングステージでセンターステージまで移動し、センターステージでダンス。Jr.20名がメンバカラーの旗を持ちメインステージで円になって行進。青赤緑黄紫5色を4人づつで20名。

【MC】
センターステージでMC。
・11月11日のMCは こちら
・11月12日のMCは こちら
・11月13日のMCは こちら

16.Baby blue 松本潤ソロ
センターステージにオレンジのトレンチコート、ブルーのシャツで登場し花道をセンターステージまで歩いて移動。 スクリーンには、歌詞『愛しき人よ』に合わせるように蜷川幸雄さん、中村勘三郎さん、小栗旬さん、中村七之助さん、他大勢の写真が映し出される。ペンライトはオレンジから紫へ。

タワーを使った演出。衣装は全員が全身白色。メンバの位置は、 松本:センターステージの前、 相葉:バックステージの左側、 二宮:バックステージの右側、 大野:センターステージの左側(3塁側スタンド前)、 櫻井:センターステージの右側(1塁側スタンド前)です。 タワーに白い布がフワリフワリ巻きついてて衣装とマッチしてます。

タワーが下降して、トロッコでメインステージへ移動。

メインステージに一列に並んで歌唱。

会場暗転。メインステージに二宮君がピンスポット。衣装は白のまま。バックのJr.6名。しっかりしたダンスを披露(Japonismのタップダンスを彷彿させる)。

21.Amore 相葉雅紀ソロ
センターステージに登場。衣装は、オレンジのTシャツに黄色でAmoreという大きなロゴ。バックのJr.5名。 ヘッドスピンをやり、最後にバク宙をやります。11月13日は、ヘッドスピンをやった後に、Jr.が担架で相葉君を運ぶ小芝居があり、その後、相葉君が担架から立ち上がりますが、そのときに吹っ飛びすぎて転びました。Jr.が心配そうに見ていました。最後にはバク宙が決まり、みながホッとしました。

【失恋リハビリ道場】
次の曲に行く前に映像をまじえながらミニコント。 相葉君が各メンバーの特徴を紹介する。 二宮ゲームが好きな「お部屋の和」、 大野釣り好きな「愛の釣り人」、 櫻井「恋文の翔」、 松本「ドMのJ」 相葉ついたあだ名が「ストーカー」。 紹介されたメンバは、長ラン風(学ラン+黒地に金色模様のスカート)の衣装でメインステージに登場します。 ペンライトが制御され、スタンドにはハートマークが出現。

そのままの衣装で「青春ブギ」。立ち位置は、メインステージ左から、 大野松本相葉櫻井二宮です。 Jr.は花道で7名×2列で14名。

【以下23.〜31.、Happy medley】
ここからはアルバム曲以外をメドレーで歌います。 ペンライトが制御され、スタンドが青をベースに上段に黄色で『Happy』下段に白色で『ARASHI』の文字が走ります(ペンライトが座席ごとに制御されている本領発揮です)。

メインステージに登場、衣装チェンジされ、ざっくりした色味では、 松本:赤のコート・濃紺のパンツ、 櫻井:エンジのハーフコート・グレイに黒のラインが入ったパンツ、 二宮:緑のジャンパー・金色のパンツ、 相葉:水色のハーフコート・黒のパンツ、 大野:オレンジのジャケット・黒地に白の水玉模様のパンツです。

松本:メインステージの左、 櫻井:トロッコでメインステージ横の左側通路、 二宮:トロッコでメインステージ横の右側通路、 相葉:メインステージの右、 大野:センターステージ

松本:メインステージの左、 櫻井:トロッコで左側通路を移動(3塁側スタンド前)、 二宮:トロッコで右側通路を移動(1塁側スタンド前)、 相葉:メインステージの右、 大野:センターステージ

松本:メインステージ左側にタワー、 櫻井:トロッコで左側通路の中央で停止(3塁側スタンド前)、 二宮:トロッコで右側通路の中央で停止(1塁側スタンド前)、 相葉:メインステージ右側にタワー、 大野:センターでムービングステージ

櫻井:トロッコがバックステージ、 二宮:トロッコがバックステージ(櫻井君と交差)、 大野:ムービングステージでバックステージに移動

櫻井:バックステージの右側のタワー、 二宮:バックステージの左側のタワー、 大野:バックステージ、 松本:トロッコでアリーナ左側の中央通路、 相葉:トロッコでアリーナ右側の中央通路

【Jr.紹介】
総勢20名のJr.(宇宙six6名含)でした。

会場の天井に気球が出現。ハット形の気球が3つ(紫、黄、青)、リボン形の気球が2つ(緑、赤)、文字『ARASHI』『:?』『HAPPY』『:?』の気球が各1つ。 松本:トロッコでアリーナ左側の中央通路をセンターステージ横くらいまで移動、 相葉:トロッコでアリーナ右側の中央通路をセンターステージ横くらいまで移動

櫻井二宮松本相葉がトロッコで 大野がいるバックステージに集合。

バックステージからムービングステージでメインステージへ移動。曲の最後、矢を射る振り付けと同時に気球の底が開いて花が落下してくる。

【アンコール】

衣装は、白地に各メンバがハッピーになる文字がデザインされたジャケット、黒いパンツでメインステージの上段に登場、最後にメインステージへ降りてきます。

メインステージからフロートに移動。 フロートは 「松本二宮」と 「相葉大野櫻井」に分かれる。 「松本二宮」はメインステージの右側から、 「相葉大野櫻井」はメインステージの左側からバックステージに向かって移動。

バックステージでフロートが交差して、メインステージに移動する(会場を1周)。

【挨拶】
メインステージで挨拶。

メインステージで 松本「最後の曲です」。 メインステージで終了し、バンドを紹介して、松本「俺らの名前はなんだ」会場「あらしー」で退場していきます。

【退場】
銀テープは最後の「俺らの名前はなんだ」「あらしー」の後に発射されました。会場名は記載されていません。1種類のみです。

[PR]

2016年11月13日 札幌 最終日のレポ


・開始16時、終了18時43分
・セットリストは昨日と同じで、ダブルアンコールはありませんでした。
・銀テープは昨日と同じで最後の「あらしー」の後に発射されました。
・相葉君は、ソロのときに、今日もヘッドスピンをやり、最後にバク宙をやりました。ヘッドスピンをやった後に、Jr.が担架で相葉君を運ぶ小芝居があり、その後、相葉君が担架から立ち上がりますが、そのときに吹っ飛びすぎて転びました。Jr.が心配そうに見ていました。最後にはバク宙が決まり、みながホッとしました。
・各曲の導線や演出は、 こちら


2016年11月13日 札幌 最終日のMC


■我々が、嵐でーす!

櫻井「 札幌ドームにお集まりの皆さん、改めましてこんにちは。 我々が、嵐でーす! 」
櫻井「 いや、改めてですけど相葉さん、ちょっとここまでの盛り上がり、 ファイナルって感じしますね 」
相葉「 するよねー。すごい熱い 」
櫻井「 暑いね 」
相葉「 汗がすごい。3日間の中で一番出てる 」
会場「 (笑) 」
相葉「 個人的な汗だけど 」

■Badboy兄さん

櫻井「 Badboy兄さん、Badboy兄さん、あー、あなたBadboy兄さん? 」 ※Badboy兄さん:大野君のソロの曲名
大野「 はい。Badboy兄さんです 」
櫻井「 Badboy兄さん、さっきはちょっといなかったのでちょっとここまで前半の感じを 」 ※ミニMCでは着替えのためにいなかった
大野「 いや、もうほんとあっという間ですね。今回のは特にそう思う。Are You Happy?っていう感じで、もう既にHappyなんじゃないですかね 」
櫻井「 あ、じゃあ聞いてみたらどうですか? 」
大野「 Are You Happy? 」
会場「 いえーい! 」
大野「 じゃあ、後半戦やんなくても… 」
櫻井「 違う違う違う! 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 ハッピー100にするコンサートじゃないから 」
櫻井「 さぁ、お話の方していきたいので、皆さんお席についてお休みください 」
櫻井「 まだまだコンサートは続いていきます 」

■相葉君の馬跳び

相葉「 今日、馬跳びもすごい高く跳べたよね 」
櫻井「 俺さ、この三日間毎日毎日MCで話そうと思ったんだけど、毎回毎回話題が豊富だったから、もう別に言わなかったわけ 」
二宮「 行けなかったんだ 」
櫻井「 そう。聞いてもらっていい? 」
二宮「 もちろん。聞きますよ 」
櫻井「 あのね、知ってるかな。今歌ったPower of the Paradiceって、リオオリンピックの曲なんだけど、あれのイントロで相葉君が僕のことを馬跳びするのね。僕の後ろにいるのよ。本番中だよ?『翔ちゃん!跳ぶよ!跳ぶよ!すぐ跳ぶよ!』って 」
会場「 (笑) 」
相葉「 ちょっと待って。言い訳っつーかさ、リハーサルでは跳ばないんです、絶対 」
櫻井「 まぁ、そうだね 」
相葉「 そう、本番しか跳ばないの。で、リハーサルでなんで跳ばないかっていうと、翔ちゃんの首やっちゃう可能性があるじゃない。可能性として 」
二宮「 まぁ、可能性としてはゼロじゃないわね 」
相葉「 本番の『跳ぶよ』って、まずこう首に準備させとかないと、と思って 」
二宮「 わかってるよ、それはもう 」
松本「 だって本番は普通跳ぶでしょ。本番跳ばないってあるの? 」
相葉「 ふふふ、ないっす 」
相葉「 じゃ、今度から言わないね。次からは。東京からは 」
櫻井「 いや、それは言って 」
相葉「 そうでしょ?寂しいでしょ? 」
櫻井「 それは言ってほしい。ちょっと怖い。いきなり来られるとちょっと怖い 」
二宮「 今となってはね 」
相葉「 甘やかしてたね 」

■朝の集合時間は何時!?

櫻井「 ねー、でも相葉君、今回話そうと思ってたことあるんだよね 」
相葉「 そう 」
櫻井「 相葉君、ちょっとこっち来て 」
二宮「 聞いてもらおう、みんなに 」

(櫻井君・相葉君と大野君・二宮君・松本君に分かれる)

櫻井「 いや、もうね、おかしいよなぁ 」
相葉「 おかしいよ 」
会場「 わぁー、(拍手) 」
二宮「 あ、たぶん、紅白司会のことじゃないよ 」
会場「 (爆笑) 」
相葉「 違う 」
櫻井「 今の流れは違う 」
二宮「 今の流れ違う 」
櫻井「 ね、おかしいよなぁ 」
松本「 誰がおかしいの? 」
櫻井「 いや、3人だよ 」
二宮「 あれっ?珍しいな、俺も入ってるなんて 」
会場「 (笑) 」
松本「 いやいや、 」
二宮「 そっちがおかしいと思ってるけど、おかしいのはそっちかもしれないよ? 」
松本「 そうだぞ、そうだぞー 」
大野「 3対2だぞ 」
相葉「 そんなことはない! 」
櫻井「 昨日ね、俺ら君たちがおかしいってことに結論付けたの 」
松本「 何が? 」
櫻井「 昨日は、11時にホテル出発だったわけ 」
二宮「 はい、はい、はい 」
相葉「 昨日ね 」
櫻井「 我々5人に言われてたの 」
二宮「 そうだよ 」
櫻井「 だけどね、年々年を重ねるとせっかちになっちゃうのかな。それでもさ、10時55分とかに廊下に出て準備してるわけ 」
二宮「 はい、はい 」
相葉「 5分前には出てた 」
櫻井「 あ、同じ部屋泊まってないよ 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 ちょうどいてね。『5分前だ5分前だ、俺ら早いねー』ってさ、待ってたの 」
二宮「 5分前だ、それが 」
櫻井「 はい。『あいつら遅くねーか?』って思って、警備の人たちに聞いたの 」
相葉「 そしたら警備の人たち『あ、3人先行きましたよ』って 」
会場「 えーっ 」
櫻井「 我々は、5分前に出ているんだ! 」
相葉「 そう 」
櫻井「 それより先に出られちゃったら、じゃあ何?もう30分前とかに出ちゃうよ?俺だってねぇ 」
相葉「 そうだよ。いいの? 」
櫻井「 何分前に出たの? 」
相葉「 教えてよ 」
松本「 違うんだよ。俺も準備終わって廊下で待とうとして廊下出てったわけ。そしたら『どうぞ、こちらです』って。行ったら、ニノとリーダーがエレベーター乗ってて。(顔が死んでるリーダーの真似で)『おはよー』って。っていう状態でした 」
松本「 なんか『どうぞ』って言われるんですよ 」
二宮「 促されてるの。我々も 」
松本「 我々もあやつられてるの 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 違う!違う!だとしたら、 」
相葉「 部屋を出る時間を教えてくれって俺達は言ってるの 」
松本「 メールとかで送ればいいの? 」
相葉「 何分前に出るのかだけ教えて。それに合わすから 」
櫻井「 そう 」
櫻井「 いや、俺らとしてはね、究極、大野さんと二宮さんはいいよ 」
二宮「 はい 」
櫻井「 松本潤は変わっちまったよな、って話をしてたんだよね 」
松本「 ちょっと待ってよ! 」
櫻井「 だいたいさ、11時集合なら11時5分とかに出てきてた、今までは 」
相葉「 そう。マネージャーさんがコンコンして『松本さん、行きますよ!』だったじゃん 」
櫻井「 出てこないから、俺らも先行こうかなって感じだった。変わっちまったよなぁー 」
会場「 (笑) 」
松本「 いや、遅れた時はまだしも、定時に出て、みんな先行ってていないと、すげー凹むのね 」
相葉「 あはは、わかるよ 」
松本「 わかるよね 」
相葉「 そ、最近、俺、ずっとそうなの 」
松本「 すごい罪悪感を感じるわけ。朝から 」
相葉「 わかる。昨日俺ら二人残っちゃったけど、 」
櫻井「 そうだね 」
相葉「 今日さ、俺一人だった、気が付いたら 」
二宮「 ははは 」
相葉「 しかも、それもだよ、3分前くらいに出たの。誰もいないの。マネージャーすら一人しかいなくて。『もうみんな行ってます』って言われて。ちょっと走ってさ。3分前に出てるのに走ってるんだよ?俺! 」
会場「 (笑) 」
相葉「 リーダー、お願いしますよ 」
大野「 5分前だとずれが生じるでしょ? 」
相葉「 はい 」
大野「 で、10分前もちょっとずれるから 」
松本「 早すぎる 」
大野「 20分前にしよう 」
会場「 (笑) 」
松本「 はえーよ! 」
二宮「 早いよ 」
大野「 15分前便と、10分… 」
櫻井「 もはや定時は何の意味があるのか 」
会場「 (笑) 」
松本「 もう5分前でいいじゃん 」
大野「 5分前にしよっか 」
松本「 だから、5分前と定時の便にすればいいんじゃない?先にちょっとでも行きたかったら5分前に出て行って、スタッフの人も5分前まで待つと。先に10分前に廊下に出ているメンバーがいても、5分前まで動かないよっていうことにする 」
会場「 (笑) 」
二宮「 それじゃ、5分より前は無効ね 」
松本「 ただ、30分早く入るとかは先に行くよ 」
二宮「 それはもう聞いてるから 」
櫻井「 それはお仕事でしょ? 」
松本「 それはお仕事です 」
櫻井「 お仕事ならいいよ。だって一部情報によれば…、一部情報聞いた?昨日。二宮さん、大野さん、聞いてないでしょ?松本潤、8時に起きてたっつーんだよ? 」
松本「 昨日ね 」
相葉「 11時集合で8時に起きる? 」
櫻井「 昨日のコンサート、夕方の6時なの知ってる? 」
松本「 知ってますよ 」
櫻井「 8時に起きてんだよ? 」
松本「 あの時は8時に起きて、初日の映像見てたの。3時間。一人で 」
会場「 わぁー 」
櫻井「 それさ、前の日の夜にチェックするんじゃないの? 」
松本「 夜が遅かったんですよ。昨日。帰ってきたの2時くらいで、遅かったから寝て、朝起きて 」
二宮「 あのね、夜が持たなくなってきたんですよね 」
会場「 (笑) 」
大野「 おじさん傾向ですよ 」
櫻井「 朝起きれる? 」
松本「 起きれる。結構すっきり起きた 」
櫻井「 朝起きれるようになっちまったなぁ 」
二宮「 野菜中心の生活してるからね 」
会場「 (笑) 」

■宇宙sixの紹介

櫻井「 じゃあ、今回ご紹介しようか 」
二宮「 おっ! 」
松本「 昨日ね、みんなでご飯食べてるとき、今回もいつもどおりJr.がたくさんついてくれてるんだけど、なかなか俺らのライブで紹介したりとかもしたことないんで、新しいとこできたってことでね、まず紹介しようかなって思っておりますよ 」
二宮「 いいね。先輩らしい 」
相葉「 俺らもね、Jr.の時、こうやってやってもらったもんね 」
大野「 緊張したね 」
相葉「 緊張するんだよね、結構 」
櫻井「 ちょっと覚えて帰っていただきたい 」
松本「 じゃあ、行ってみますか。宇宙six、出て来いや!カモン! 」
宇宙「 こんばんはー!宇宙sixです! 」
松本「 1個聞いていい?宇宙sixっていつからできたの? 」
宇宙「 11月1日です 」
宇宙「 11月1日に名前がつきました 」
相葉「 え?自分たちでつけたの? 」
宇宙「 いや、ジャニーさんが考えてくださって 」
櫻井「 あのー、よく来てくださってる方はわかるかもしれないけど、『They武道』ってね、3人でやってたんだけど、新しい形になって6人になって、名前が『宇宙six』 」
相葉「 皆さん、覚えてください 」
櫻井「 それじゃ、一人ずつお名前言って 」
会場「 (拍手) 」
幸大「 皆さん、こんばんは。宇宙sixのMKこと、松本幸大です。よろしくお願いします! 」
松本「 よっ、MKタクシー! 」
「 顔のでかさは心のでかさ。みんなのアイドル、原嘉孝です! 」
櫻井「 勇気ある 」
山本「 みんなの笑顔が大好き!毎日I'm Happy!宇宙イエロー!山本亮太です! 」
相葉「 宇宙イエローね 」
「 生粋の大野君ファン、林翔太です! 」
江田「 ゆるふわ最年長、江田剛です!よろしくお願いします 」
目黒「 宇宙sixの平均身長は僕が上げています。目黒蓮です! 」
二宮「 この6人で宇宙six、と 」
櫻井「 ついてくれていますのでで、皆さんぜひ覚えてくれたらと思います。これから年明けのツアーまでずっと一緒にやってますので、どうぞ皆さん、宇宙six、そしてジャニーズJr.をよろしくお願いします 」
会場「 (拍手) 」
櫻井「 結構ね、長くついてくれている子たちもいるからね。紹介していきたいなと思っています 」

■恒例のお知らせから後半戦へ

[PR]

札幌 [11/11 レポ] [11/12 レポ] [11/13 レポ]
東京11月公演 [11/19 レポ] [11/20 レポ] [11/21 レポ]
大阪 [12/02 レポ] [12/03 レポ] [12/04 レポ]
名古屋 [12/16 レポ] [12/17 レポ] [12/18 レポ]
東京12月公演 [12/26 レポ] [12/27 レポ] [12/28 レポ]
福岡 [2017/1/6 レポ] [1/7 レポ] [1/8 レポ]

サイトマップ嵐情報Discography(アルバム・シングル)映画・ドラマコンサートワクワク学校お問合わせ・免責
Copyright©2008-2016 0ja.jp (嵐情報サイト)