ARASHI LIVE TOUR 2014 挨拶


[コンサートTOP] [全情報] [日程] [チケットFC] [チケット一般販売] [グッズ] [写真] [セットリスト] [MC] [挨拶] [福岡] [大阪] [名古屋] [札幌] [東京] [アルバム] [ライブDVD]
東京 [12/19 MC | 挨拶] [12/20 MC | 挨拶] [12/21 MC | 挨拶]
[12/22 MC | 挨拶] [12/23 MC | 相葉誕生会 | 挨拶]
[PR]


コンサート中にメンバが最後に挨拶をします。 メンバが話した通りにはレポートできていないと思いますがご了承ください。

2014年12月23日 東京最終日(5日目)の挨拶


櫻井翔
皆さん、奥の方から、上の方まで、ありがとうございました。ちょっと寂しいですね。 今日のDIGITALIANのファイナル、どうでしたか。楽しんでいただけたでしょうか?

会場「(拍手)」

こうやってみんなと楽しい時間を一緒に過ごして、同じ時間を、夢のような時間を一緒に過ごせるというのは、他にはないから。 だって、これ終わって家帰って洗濯すると思ったらゾッとするもん。

会場「(笑)」

こんな時間がずっと続いたらいいなと思いながらやっていました。 うちわで「おめでとう」とたくさんありましたけど、 15周年、なんとかこの5人で歩いてくることができました。 この1年、改めて強く感じたのは、やっぱりこの5人じゃないと嵐じゃない。 だけど、この5人だけじゃ嵐じゃないと、強く感じました。 ものすごいイケメンがきたとしても、グループとしてはかっこよくて、華やかだったりするんだろうけど、やっぱりこの5人じゃないと嵐じゃないし、3人、2人とかで嵐のような何かをやっても、この嵐じゃない。

そして僕たち5人だけじゃ、この嵐は作れないから、皆さんがいて、支えてくださるスタッフの皆さんがいて、嵐という大きなプロジェクトが出来てるんだなと思います。 前に、フロントマンとして立ってるのが我々5人なだけであって。これからも、僕たちと一緒に、嵐を作っていけたらなぁと思います。

15年、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。


大野智
本日は皆さん、どうもありがとうございました。 今年はたくさんいろんな思い出ができました。今年、15周年ということもあって、ハワイでライブもやらせてもらい、10日間行ってたんですけど、10日間メンバー5人で一緒にいることって、今まで15年間なかったんで。 ずっといっしょにいて、やっぱ揉め事も起きないかなって。

会場「(笑)」

そして日本に帰ってきて、すぐコンサートリハーサルに入って、ライブができて。 改めて、本当に皆さんは素敵だなぁと思いました。 僕がそう行けば、目の前のファンの子は「智」といううちわを見せてくれて、 でも次、翔君が行ったらうちわ変えて。

会場「(笑)」

ちゃんと見てますよ!

会場「(笑)」

でも、そういった優しさがありますね。 みんながやさしく僕らを応援してくれているから、僕らもそういうやさしい気持ちでいつまでもいられるんだなというのを、改めて今回のツアーで感じました。 ライブは今日で終わりますけど、今年は年末ギリギリまで僕ら働いているんで。

会場「(笑)」

最後まで、年明けてもテレビ出てるんですけど、温かく見守っていて下さい。 そして帰りは気を付けて帰ってください。 帰るまでがDIGITALIAN(発音良すぎて、会場笑)


相葉雅紀
皆さん今日は本当にありがとうございました。 本当に今日も1日、全力で「生きてる!」って感じがしました。 精いっぱい、限界を感じた気がしました。 限界を超えたところが始まりなんだけどね。 僕としては、すごい、本当に楽しい時間を過ごせたなって思っています。

みんなが作ってくれた景色ですか、WISHで作ってくれた、デジデジ一生懸命してくれた景色、すごい綺麗でした。 なにより、誕生日、『オメデトウ MASAKI』ってみんなで作ってくれたあの絵は、本当に一生忘れられません。 今年は15周年、嵐のメンバーと本当によく一緒にいる機会が多くて。 1年1年、本当に嵐のことが好きになってるんですよ。 だから、15年経った今が、僕は嵐のことが一番好きなんですけど、そんな嵐のメンバーが、僕より1時間早く入って、椅子にシールを貼ってくれて、すごい愛を感じました。
みんなからもそうだし、メンバーからも、スタッフからも、そう。 嵐に関わる全ての人から、すごい愛をもらっているなと思います。 本当に嵐で良かったなと、心から思った1日でした。

16年目からも、大きなことはできないかもしれないけど、小さいことでも、どんなことでも、大きな愛を持ってやっていこうと思います。 これ、マザーテレサが言ってました。

会場「(笑)」

そうすれば、きっとこれから先、僕らがデビュー当時、目標と掲げた世界中、嵐が巻き起こせるかもしれません。

会場「(拍手)」

だから、みんなで一緒に、世界中に嵐を巻き起こしましょう。 今日は本当にありがとうございました。


二宮和也
皆さん、ありがとうございました。 大変なんですよ、意外とこの後しゃべるの。

会場「(笑)」

何か知らないおばさんの格言出されて、嵐を巻き起こしましょうって。え?って。

会場「(笑)」

何はともあれ、東京ドーム5日間、このDIGITALIANというツアーが今、終わろうとしています。 スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

会場「(拍手)」

Jr.の皆さん、お疲れ様でした。

会場「(拍手)」

そして、代表としてきていただいているファンの皆さん、ありがとうございます。

会場「(拍手)」

今日はちょっとおセンチな気分で。いや、楽しんでますよ。でも、もうこの衣装着ることはないんだなぁとか、もうここを通ることはもうないんだなぁとか、もうこの曲をやることはもうないんだなぁとか、いやいや、やるかもしれないけどね。

会場「(笑)」

どんどん1個1個、うまく昇華させたいなぁと思いながら、自分ができるすべてのことをやってみたつもりです。 それが、皆さんから見ていて、楽しかったり、嬉しかったり、かっこよく見えたりしたら、すごくうれしいなぁと思いながらやっていました。
僕ら、15年を迎えまして、16年目に入り、あえてこの新規のDIGITALIANというツアーを作りました。

松本君が!

会場「(笑)」

立ち止まったり、振り返ったりすることが悪いことじゃないとは思うし、それは否定しないけど、やっぱり自分たちは前に進んでみたい、進む先に何があるのかを皆さんと一緒に見たい。
そういう思いで活動してきたグループでもあるので、それが16年目から体現できて、皆さんと一緒に踏み出せたっていうのは、すごく意義のあることじゃないかなって思います。
また、17年、18年、20年と、翔ちゃんも言っていたけど、そんなに長く、どんどんどんどん長く、皆さんとこうやって遊べる日が続けられるように、僕らも頑張っていこうと思いますので、皆さん、よろしくお願いします。

本日は、DIGITALIANツアー、非常に楽しかったです。ありがとうございました。


松本潤
ありがとうございました。 皆さんのおかげで、本当に、本当に楽しい素敵な15周年を迎えることができました。 感謝してます。ありがとうございます。

皆さんにはもちろんそうだけど、ここにいない人たち含めて、どこかのタイミングで僕らと縁を持ってくれて、今こうやって一緒に同じ時間を過ごしているというのが、とてもうれしく思います。
今まで、本当に皆さんに支えられて、ようやく15年やってこれたのだと思います。
何か、15年ってあっという間のような気がするけど、自分たちにとっては決して速かったなぁっていう時間でもないし、本当に1歩1歩、自分たちで進んできて、それにみんなが一緒に歩んでくれた結果、今みたいな状況があるんだと。なので、ありがとう。

16年目が始まって、このDIGITALIANというツアーを作るにあたって、みんなで話し合って作ったんですけど、なんかよかったです。 このツアーを今できて、この景色をこの場所で見れたことが、すごく良かったなと思っています。
今まで見たことないもの、自分たちだけじゃ絶対できないし、スタッフの皆さん、みんながこうやって集まってくれて、初めてこの東京ドームがひとつになれるんだと思う。
これからもその気持ちを大切に、みんなで一体感のある、みんなの近くに行く、そんなライブを心掛けていきたいと思います。 そんな空間をこれからも5人で、そしてJr.と、スタッフと、みんなと一緒に作っていけたらと思います。

16年目からも、変わらず、ともに歩んでいただければと思います。 本日は本当にありがとうございました。

[PR]

福岡 [11/14 MC | 挨拶] [11/15 MC | 挨拶] [11/16 MC | 挨拶]
大阪 [11/27 MC | 智誕生会 | 挨拶] [11/28 MC | 挨拶] [11/29 MC | 挨拶] [11/30 MC | 挨拶]
名古屋 [12/05 MC | 挨拶] [12/06 MC | 挨拶] [12/07 MC | 挨拶]
札幌 [12/12 MC | 挨拶] [12/13 MC | 挨拶] [12/14 MC | 挨拶]
東京 [12/19 MC | 挨拶] [12/20 MC | 挨拶] [12/21 MC | 挨拶]
[12/22 MC | 挨拶] [12/23 MC | 相葉誕生会 | 挨拶]

サイトマップ嵐情報Discography(アルバム・シングル)映画・ドラマコンサートワクワク学校お問合わせ・免責
Copyright©2008-2016 0ja.jp (嵐情報サイト)