2014 ARASHI BLAST in Hawaii 挨拶

[コンサートTOP] [全情報] [日程] [チケット申込] [グッズ] [会場]
[写真] [セットリスト] [MC] [挨拶] [ライブDVD]

9月19日[ MC][ 挨拶]  |  9月20日[ MC][ 挨拶]

コンサート中にメンバが最後に挨拶をします。 今回は15周年ということを記念して、その内容をレポートにしてみます。 メンバが話した通りにはレポートできていないと思いますがご了承ください。 参考にしていただけたら嬉しいです。


2014年9月19日 初日の挨拶


櫻井翔
みなさん、本日は本当にありがとうございました。

この会場に向かうとき、15年前にハワイで聞いていた同じ曲を聞いていました。 思い出されるのは、ただひたすらに真っ青な、このすごい綺麗なハワイの空でした。 15年前、その空が青ければ青いほど、綺麗であればあるほど、 妙な不安を胸に抱えていたのを思い出しました。 僕たち嵐は、仲がいいなんて言われることが少なくありません。 今思い返してみると、もしかしたらよりかかりながら、 支え合いながらじゃないと、あの時は立っていられなかったのかもしれない、 そんな風にすら思いました。

15年前、正直違和感しか感じていなかった、この嵐というグループの名前を、 今、これだけ誇りをもって、愛着を持って、再びこのハワイの地に戻れたということ、 これはひとえに、すべて、本当に皆さんのおかげです。 改めて、どうもありがとうございます。

あのハワイから半年後のデビューコンサートの時、 『嵐のファンでいてよかったと思えるような嵐になっていきたい』、 そんな挨拶をしました。 18の時に吐いたその言葉を、一身に負ってきたつもりでいます。

これからも、同じように、嵐のファンで良かったと皆さんに思っていただけるよう、 ただひたすらにその言葉の背中を追い続けていきたいと思っておりますので、 15年以降、明日から、また、改めて、どうぞよろしくお願いします。

本日はありがとうございました。


大野智
皆さん、本日は本当にどうもありがとうございました。 いやもう、ここにヘリコプターで飛んできたときから感動してましたけど、 でもその感動も通り越して、もうわけわかんないっす。

でも本当に、ハワイに着いて、昨日とか夜一人でベランダに出て、 浸っていました。 本当、15年前のあの時の僕を、まぁあまり覚えていませんが、 その中でも、いろいろ少しでも記憶に残っていることを思い出して、 当時のその時のまだわけがわからなかったけどモヤモヤしていた気持ちとか、 すごい思い出しました。

でも…(泣)

15年経って、その時のモヤモヤの気持ちだったり、葛藤は、 今は正直ありません。

でも本当に、メンバーのみんなだったり、スタッフさんだったり、 マネージャーだったり、そして何よりも15年支えてくれた皆さんのおかげ だと思っています。

これからも、16年目からの、ほんとに、共に人生歩んでいきましょう。 ありがとう。


相葉雅紀
皆さん、ホントは今日、どうもありがとうございました。 なんか、リーダーの涙を見たら、昨日、いっぱいしゃべろうかなと思ってきたことを全部忘れました(目に涙が浮かんでいました)。

ただ、本当に頼れるリーダーであって、すごく今は実感しています。 なんか、15年経って、またここのステージに立てている。 僕らがやってきたことは、間違いじゃなかったんだなって、 すごく強く思いました。

僕は、メンバーに出会って、みんなに出会って、 日本で見てるみんなにも出会って、 僕の人生、100万倍楽しくなりました。

本当に、皆さんには感謝しかないです。 ありがとう、いつも。本当に。 今も、心から、本当に思います。 嵐で良かった、って。 相葉雅紀、以上。 ありがとうございました!


二宮和也
みなさん、本日はありがとうございました。 こういうコンサートをやるとね、15年間、 僕はしゃべりづらくてしょうがないんですよ。 前と、前の前がああいう感じなんで。

こんな素敵な場所で、やらせていただきまして、ありがとうございます。 歌を聴きたいと思ってくれて、ありがとう。 歌わせてくれて、ありがとう。 テレビに出たいと思ってくれてありがとう。 テレビに出させてくれてありがとう。

僕らとみんなっていうのは、そういう関係なんだよね。 僕らがただカッコいいだろうからこれをやりたい、 面白いだろうからこれをやりたいって、自分たちを出してもしょうがないんだよね。 みんなが満足しないと。 もちろん、この会場にいる人達全員が、今回のコンサート、楽しかったのか、 というのはわからないけど、 俺らは全員が楽しめるコンサートを作ったつもりです。 まぁ、これ、主に作ったのはJなんだけどね(笑)。 うん、一応やってきた感想なんだけどね。

だからこう、もちろん明日もあるし、 日本に帰ってからもコンサートツアーもあるんだけど、カッコいいね。 でも、それもやっぱり、みんなが来てね。 みんなが来て、みんなで楽しんで、 みんなで一緒のものを作っていくというのが 嵐なんだと思います。

15年間やり方を変えずにやってきてよかった。 みんなを信じて進んで来たら、ここに立っていました。 本当にありがとうございました。


松本潤
皆さん、今日は本当にどうもありがとうございました。 めっちゃ楽しかったです。

15年間、それぞれ、僕らとつながった瞬間、きっかけは別かもしれませんが、 みんながそれぞれのタイミングで僕らと出会って、一つの道を、 みんなで歩くことができて、すげー楽しい人生だなって思ってます。

メンバーのみんなもありがとう(涙)。 スタッフの皆さんも、本当に支えてくれてありがとうございます。 そして、どんな時も、いつも僕らに風を送り続け、笑顔を届けてくれる皆さん、 本当に皆さんの力でここまで来れました。 皆さんなしでは、本当にできなかったと思います。 本当にありがとう。

これからはもっと、僕らが皆さんを支えられるように、 僕ら5人で道を切り開いて、新しい道をどんどんどんどん、一緒に、楽しく歩んで行けるように、 俺らも精いっぱい頑張るんで、これからもついてきてください。

今まで本当にありがとう。これからも一緒にいます。

それでは、16年目に向けて、僕らからこの曲(season)を皆さんに贈ります。

[PR]

サイトマップ嵐情報Discography(アルバム・シングル)映画・ドラマコンサートワクワク学校お問合わせ・免責
Copyright©2008-2016 0ja.jp (嵐情報サイト)