2014 ARASHI BLAST in Hawaii MC

[コンサートTOP] [全情報] [日程] [チケット申込] [グッズ] [会場]
[写真] [セットリスト] [MC] [挨拶] [ライブDVD]

9月19日[ MC][ 挨拶]  |  9月20日[ MC][ 挨拶]

コンサートの途中でメンバがMCをします。 今回は15周年ということを記念して、その内容をレポートにしてみました。 二人でメモしましたが60%くらいしか書けていません。 メンバが話した通りじゃないかもしれませんが皆さんの参考にしていただけたらと思います。


2014年9月20日 最終日のMC


■We are ARASHI!
櫻井「 こちらの会場にお越しの皆さん、あらためましてこんばんは。 We are ARASHI!よろしくお願いします! 」
櫻井「 アローハー! 」
二宮「 よろしくお願いします 」
櫻井「 どうでしょう、ここハワイでのコンサート、 楽しんでいただけているでしょうか? 」
櫻井「 相葉さん、日本の皆さんにもお声掛けしてください。 」
相葉「 日本のみんな!楽しんでる? 」

■雨の話すると雨を呼んじゃいそう
櫻井「 どうですか、ここハワイでのコンサート。 まぁ、野外という意味では、国立でもやってきましたけど。 」
櫻井「 松本君、あの景色なんかも絵葉書のような美しさがありますけど、どうでしょう? 」
松本「 ハワイでライブできると思ってなかったし、 しかも目の前が海で、ヤシの木、海、太陽、めっちゃ綺麗ですね。 ここでリハーサルを何日かやって、昨日と今日が本番で、 毎日の陽の感じが違って、それを感じながら時間を過ごせるって贅沢だよね。 」
櫻井「 そうなんだよね。 」
相葉「 今日は特に暑くなかった? 」
松本「 暑かった。 」
相葉「 日差しが暑かったね。 」
松本「 オープニング、びっくりしなかった。 俺ら来るタイミングで、いきなり雨降ってきたでしょ? 」
相葉「 降ってきたね。 」
二宮「 そう、またかと思ってさ。(※国立で何度か雨に降られています) 」
櫻井「 みんな思ったでしょ。 はい、こいつら、またやったと。 」
会場「 (笑) 」
二宮「 思ったよね。 」
相葉「 雨どこ行ったんだろね? 」
櫻井「 いや、今もちょっと来ているのよ。 俺、この話したくないの。雨を呼んじゃいそうだから。 」
相葉「 やめよう。 」
二宮「 やめよう。 」

■ステージのここ滑る、乾かして〜
最初、雨が降ったことからステージ上に水が溜まったところがあって、 櫻井君が危なくこけるシーンがありました。 このことでメンバが盛り上がりました。 以下は、その一部分のやりとりです。
櫻井「 凄い怖かった話をしたいけども。知ってる? 」
大野「 あー、見ちゃったよ。 」
櫻井「 見た?大野さん。 」
大野「 俺はね、前にいたから。あのふりは、危ないよ。 」
櫻井「 Believeのさ、Bメロの音あるじゃん。 その曲諦めそうになるぐらい危なかった。 」
二宮「 危なかったんだ。でも行けたんすね? 」
櫻井「 そう。 」
相葉「 コケなかった。 」
相葉「 (水が溜まってる場所を指して)ここでしょ? 」
櫻井「 そう、ここ。 」
相葉「 ここ俺、知らなくて、やっちゃった。 」
二宮「 ここ、みんな気をつけて、危ないから。 」
松本「 ここ、大至急拭いて! 」
大野「 乾かして。 」

■もしかしたら雨になるかも
櫻井「 大野さん、改めてここまで、どうですか? 」
大野「 ホント、今日のリハーサルは暑くってやばかったよね。 」
二宮「 本番の方、お願いしてもいいですか? 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 おっしゃる通り。 」
大野「 でも、今、だいぶん涼しくなってきた。 」
櫻井「 そうね。 」
松本「 結構、雲もかかっているからね。 」
大野「 そうだね。 」
櫻井「 ちょっと雨も、もしかしたらっていうところが… 」

(予感がみごとに的中して後半が大雨になりました)

■ファンのカスタムの凄さ!
相葉「 みんな、こんがり焼けちゃっているのかな? 」
松本「 今日、この会場の近くを移動してたわけ。 そのとき見て、俺、びっくりしたのはさ、アロハシャツとかTシャツはグッズとして売ってるじゃん。 なんだけど、アロハシャツをスカートに直している人いた。 」
会場「 (え〜) 」
櫻井「 カスタム(改造)のすごさですね。 傘をアロハの柄とTシャツの柄で作ってる人もいたよ。 」
相葉「 すごいですよ、嬉しいですよ。 」

©arashic1103arashi

©marorin727

©gdftb846

©sa2kimama

■ダメよ〜ダメダメ!倍返し?
(二宮君・松本君が着替えではける。大野君・櫻井君・相葉君が居残り)
櫻井「 この時間をこの3人でどうする?。 」
相葉「 サンオイル塗る? 」
会場「 (笑) 」
相葉「 (陽が落ちそうだったので)もうだめか。さすがに、もう焼けないな。 」
櫻井「 サンオイルね。 」
大野「 塗ってたね。 」
相葉「 リハーサルとかで、リーダーと他の2人が日焼け止めを塗ってた。 」
大野「 俺、日焼け止め塗ったよ。 」
相葉「 日焼け止めの人ね。こっち、サンオイルの人だよね。 」
櫻井「 俺と相葉君ね。 」
相葉「 一緒に塗りあったからね。こうやって、男同士ね。 」
会場「 (キャ〜) 」
櫻井「 なかなかの気持ち悪さでしたよ。 」
大野「 俺の目の前で塗りあってるんだもん。ほんと、気持ち悪かった。 」
会場「 (笑) 」
相葉「 (身体は)日に焼けたほうがいいからさ。 」
櫻井「 顔には日焼け止めをこれでもかってくらい真っ白に『ダメよ〜ダメダメ!』くらい白く塗ったのよ。 」
会場「 (爆笑) 」
相葉「 塗ったね。 」
相葉「 日焼け止めをいっぱい塗ったので、顔に関しては焼けていないじゃん。 」
大野「 はい。 」
相葉「 でも、大野さんが釣りに行ったときにも日焼け止めをしているんだよね。 」
櫻井「 あれ? 」
相葉「 日焼け止めをしたら焼けないはずじゃ… 」
大野「 ダメよ〜ダメダメ! 」
会場「 (爆笑) 」
櫻井「 ずるいよ〜今の使い方違うよ。 」
相葉「 でも最近白い。 」
大野「 白いでしょ。塗ってんだもん、ホントに。 昔から塗ってはいるんだよ。 」
櫻井「 海で反射しちゃうんでしょ。 」
大野「 そう反射しちゃうの。 」
相葉「 なるほど。 」
大野「 倍返しだし。 」
会場「 (笑) 」
相葉「 倍返しね。 」
大野「 あと、10時間くらい船に乗っちゃうから。 」
櫻井「 そっか、1回、船で出ちゃったらね。 」
相葉「 なるほどね。 」
大野「 だから、効かなくなるの。まぁ、塗りなおせばいいんだけどね。 」
櫻井「 海外の方もいるハワイのMCでさ、 『ダメよ〜ダメダメ!』と『倍返し』言うって、どうなの? 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 伝わるのかな? 」
相葉「 伝わるといいけどね。 」

■パブリックビューイングの皆さんへ
櫻井「 ご存知かと思いますけど、 日本でもパブリックビューイングで状況を見ていただいているんで、 大野さん、ちょっと一声、日本の皆さんにお願いします。 」
大野「 そうですね。 」
櫻井「 ここハワイ、アメリカから、 日本の皆さんにメッセージをお届けするというスタンスでお願いします。 」
相葉「 日本で見ている皆さん、合計すると7万人ですって。 209館やってるらしいです。 」
櫻井「 すごいね。 」
大野「 すげーすげー。 」
櫻井「 じゃあ、大野さん、日本の皆さんにハワイからメッセージを。 」
大野「 どうもみなさん、こんにちは! 」
会場「 (笑) 」
大野「 ここハワイからお送りしております! 」
会場「 (笑) 」
相葉「 生中継ね、生中継。 」
大野「 昼過ぎかと思いますが、こっちはもう夕方になってますので、 状況把握してください。 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 相葉さんも、改めて。 」
相葉「 じゃあちょっと言わせてもらっていいですか。 11月22日から映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』という映画が始まります。 今、日本で見てくださってる、その映画館でやるっていうことになります。 」
櫻井「 なるほどですね。 」
相葉「 ラブストーリーなんで。 」
櫻井「 ラブストーリーなの? 」
大野「 え? 」
相葉「 言ってなかった? 」
櫻井「 言えよ!ラブストーリーの場合は。 」
大野「 何したの?何したの? 」
相葉「 え?こんなことだよ。『バカヤロー(ビートたけし風)』。 」
櫻井「 これは大したことねーや。 」
大野「 何もないな。 」
会場「 (笑) 」

■大野君のハワイでの楽しみ
櫻井「 大野さん、ハワイではどうですか? ハワイ来たらやってみたかったことみたいのあったりする? 」
大野「 結構もう満足してる。 」
相葉「 え?何で?何かした? 」
櫻井「 まだ3日4日しかいないじゃん。 」
大野「 いないけど、ホテルのベランダから海が見えるんだよ。 それ見ながら、ぼーっとしてるのが気持ち良すぎて。 」
櫻井「 海を見ながら本読んだりとか、ゲームしたりとか、 そういうことじゃないんだ? 」
大野「 じゃない。ただ海を見る。 」
櫻井「 それは、海と語るわけ? 」
大野「 海と語ってる。『どうなんだ』と。 」
相葉「 何が?海が? 」
櫻井「 ちょっと怖いけど、ツッコんでみるね。 」
相葉「 怖いね。 」
櫻井「 海はどうやって答えを返してくれるの? 」
大野「 いつもと変わらないよ。 」
会場「 (笑) 」

■相葉君のハワイでの楽しみ
櫻井「 相葉さん、何かハワイで楽しみにしていたことあるんですか? 」
相葉「 今回は長期の滞在になるわけじゃないですか。 だから日本での自分の生活をできるだけ持ってきた。 」
大野「 え? 」
櫻井「 というと? 」
相葉「 毎日食べてるビスケットがあるのね。 それ俺の部屋にあるの。めっちゃ美味くて、それを毎日夜寝る前に食べたりしてる。 」
櫻井「 寝る前に食べるって…。 」
大野「 起きたらじゃないんだ。 」
相葉「 あげるよ。今度、持ってくるよ。 」
櫻井「 それ、体にいいやつみたいな? 」
相葉「 いや、違うの。お酒に合うおつまみ。 」
櫻井「 っていうビスケットを食べてるんだ。 」
相葉「 そうなの。そういうやつを持ってきたりしてる。 」
櫻井「 あ、そう。 」
相葉「 だから今は普段と変わらない感じになってる。 だってまだあんまり外に出れてないからね。 」
大野「 確かに。 」
櫻井「 まあね。ここらへんでリハーサルやってたりだね。 」

■高所恐怖症の入り口にようこそ
(松本君登場、大野君・相葉君がはける)
櫻井「 さぁ、松本さん。 」
松本「 はい。 」
櫻井「 俺、なんか司会進行みたいだな。 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 (司会者風に) さぁ、続いてのお客様は松本潤さんです! 」
会場「 (ワァー) 」
松本「 (ゲスト風に) どうもみなさん、はるばるハワイまでありがとうございます。 そして日本で見ている皆さんも、本当にありがとうございます。 楽しんでいただきたいと思います。 」
櫻井「 松本さんから挨拶代りの一言いただきましたけれども、 さぁ、2,3質問の方よろしいでしょうか。 今回、ハワイの公演に際してですね、ここまでのところで、 特に自分のお気に入りな演出だったりとか、皆さんにここ見てほしいなって 思いながら作っていたところ、こんなのあるんでしょうか? 」
松本「 櫻井君にはちょっと申し訳なかったんですけども、 空からの登場というのをどうしてもやりたいということで。 」
櫻井「 あー、そうですか。噂によりますと、あの打ち合わせの時、櫻井さん、 一言もしゃべらなかったらしいですね。 」
会場「 (爆笑) 」
松本「 僕が聞いた話ですと、隣にいた二宮君にずっと手汗を見せてたって。 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 すごかったですよ。でもね、ヘリはね、結構大丈夫でした。 」
松本「 何でなんすか? 」
櫻井「 やっぱ床があるからじゃない。松潤だって平気でしょ? 」
松本「 いやでもさぁ、もしかしたら、みたいなこと考えないですか? もし風で持ってかれたらどうしよう、とか。 」
櫻井「 あー、私から言うと『高所恐怖症の入り口にようこそ』ってことだね。 」
松本「 俺ね、昔と比べてね、ちょっとずつ怖くなってるんですよね。 」
櫻井「 あー、大人の階段上ってるんだね。 」
会場「 (笑) 」
松本「 えぇ、そういう感じはありますよ。 」
櫻井「 僕らはヘリで上から来てるからわからないんだけど、 みんなここにいてさ『ババババババババ』って音があっちの方から聞こえてくるの? 」
会場「 (聞こえる〜) 」
櫻井「 そうなんだ。そりゃそうだよな。あんだけ音でかいもんね。 」

■公演で気に入っているところ
(二宮君登場、櫻井君がはける)
松本「 ニノは? 」
二宮「 何が? 」
松本「 ここまでの流れで、気に入っているところとかありますか? 」
二宮「 気にってるとこ?やっぱり、オープニングかな。 」
松本「 やっぱね。 」
二宮「 あれ、この話出た? 」
会場「 (笑) 」
松本「 出ました。 」
二宮「 あ、ホント。じゃ、やめよっか。 」
松本「 いや、いいですよ。 」
二宮「 やっぱり、オープニング、いいですよ。 」
松本「 やっぱね、ハワイならではの感じがしますよね。 」
二宮「 そうね。 」
松本「 日本だとなかなかできない。 」
二宮「 ヘリが降りれる会場ってないじゃない。 」
松本「 そうなんだよね。 」
二宮「 だから、すごいいいなって思いました。 こういうところじゃないとできないんだろうなと思いますね。 」
松本「 ホントに楽しいですね。 」
二宮「 おっ、どこが楽しいんですか? 」
松本「 えっ、楽しそうじゃなかったですか? 」
会場「 (笑) 」
二宮「 いやいや、松潤はどこらへんが楽しかったのかなと思って。 」
松本「 オープニングも楽しいし、僕はね5×10ですかね。5×10歌ってる時がいいね。 」

■レモンタイム
(相葉君・大野君登場)
二宮「 (相葉君に向かって) なんか、ヘラヘラしてますけど。 出てきた瞬間から。どうしたんすか? あ! 」
相葉「 何? 」
二宮「 おしっこ、おしっこ、おしっこ。 」
(二宮君がはける)
会場「 (え〜!) 」
相葉「 自由すぎるよね。 」
会場「 (笑) 」
相葉「 トイレ行っちゃうんだよ? 」
松本「 違うよ。多分、レモンかじりに行ったんだよ。 」
会場「 (笑) 」
相葉「 今、僕ら2人、レモンかじりましたからね。 」
大野「 かじりました。 」
松本「 俺らさ、着替えている2人の声が耳に入ってきて、 裏でレモンかじってて『やべーやべー、すっぱいすっぱい!』って。 」
相葉「 汗をいっぱいかくときにレモンを摂ると身体が回復するの。 」
大野「 クエン酸がね。 」
相葉「 そう。で、かじったんだけど。 」
(櫻井君登場)
櫻井「 あれ?ニノは? 」
松本「 今、レモンかじりに行った。 」
櫻井「 もう、やろうよ! 」
会場「 (笑) 」
櫻井「 コンサート、やりてーよ。 」
会場「 (笑) 」
相葉「 ちょっと待って。今すぐ来るから。 」
松本「 レモンタイムだから。 」
櫻井「 レモン食べてるの? じゃ、しょうがないか。我慢する? 」
松本「 来たよ、来た。 」
(二宮君登場)

■みんなで降られれば怖くない
櫻井「 さあ、行きますよ。 」
松本「 ハワイでライブということで、 ハワイアンアレンジをかけた曲を今からお届けしたいと思っております。 ちょうど、夕日が落ちていっている最中ですが、 そちらに特設ステージで現地のミュージシャンと一緒に楽曲をやりたいと思っています。 」
櫻井「 もし雨が降ってきたら、対策をお任せしてしまうことになりますけど。 」
相葉「 ちょっとすみません。 」
松本「 まぁ、みんなで降られれば怖くないでしょう。 」

(予感的中、後半戦は大雨になりました)

松本「 皆さん、ハワイの雰囲気をお楽しみいただければと思います。 15周年を迎えた僕らから皆さんに、この曲を贈りたいと思います。 」

[PR]

サイトマップ嵐情報Discography(アルバム・シングル)映画・ドラマコンサートワクワク学校お問合わせ・免責
Copyright©2008-2016 0ja.jp (嵐情報サイト)